Webデザイナーに向いている人は?【結論は、センスは不要です】

Webデザイナーに向いている人は?【結論は、センスは不要ですね】

まめ丸
まめ丸

Webデザイナーって才能がないとできないでしょ?センスないし、絵も苦手なんだよなぁ。向き不向きってあるのかな。

この疑問について答えます。

初めまして、リド(@Lido_blog)です。
私は4年制デザイン学校を卒業。前職ではメディア運営をしているIT会社で、デザイナーをしていました。

本記事の内容
  • webデザイナーの向き不向きとは
  • 技術を習得するための期間
  • 働き方の幅が広い

クリエイティブな仕事はセンスが大事と思われがちです。イメージが強いため一歩を踏み出せない人が多いですよね。私はデザイナーという職業への固定概念に疑問を覚えています。

そこでこの記事では、異業種の方でもwebデザイナーを目指せるように、デザイナー職について解説します。

この記事を読めば、「デザイナーという職業が本当にセンスが必要かどうか」がわかります。

ヒントは、センスは不要ですよ。

Webデザイナーに向いている人は?

Webデザイナーに向いている人は?

Webデザイナーの向き不向きはありません。

なぜならデザイナーにファンがついて集客するわけではなく、ビジネスの一部としてデザインがあるからです。

勿論、作業の好き嫌いはあると思います。
ネット上で言われている適正やイメージで諦めるのは勿体無いですよ。

LiDo
LiDo

興味があるだけで向いていると思う

センスで向いていないはウソ

未経験は驚きだと思いますが、デザインは全てロジカルにできています。

デザイナーにセンスや奇抜な発想力は入りません。
基本的なルールの元、表現方法で落とし込むだけです。

例えば、デザインの4原則やフォントの種類がわかることが必要ですね。

基礎知識が一番大事です。
どの職業でも同じことが言えます。

例えば、営業職なら

メールの定型文
営業の仕方
名刺交換の作法
挨拶の仕方

 

これってセンスですか?
研修で教わった基本的な知識ですよね。そこから先輩社員から教わりながら成長します。

デザインも一緒ですよ。

LiDo
LiDo
センスなんていう抽象的な言葉に惑わされないで

デザイナーはクリエイターではない

デザイナーはアーティストではありません。
アーティストは好きなものを表現しますが、デザイナーは違います。

ビジネスの「課題におけるゴール」があるので、そこに向けて問題を解決する為に制作をするからです。

例えば、制作物を依頼したクライアントがいて、webサイトからお客様を集客しなければいけません。

集客したWebサイトでゴールがあるはずです。

好き勝手にデザインはできません。
ビジネスをデザインとして成果物に落とし込むこと必要があります。

LiDo
LiDo
デザイナーはアーティストではなく、ビジネス的な目的があるよ

今からでも技術は身につく

今からでも技術は身につく

独学でもwebデザイナーになれます。
なぜなら、Webデザインは紙媒体に比べて覚えることが少ないから。

比較的ハードルが低いので、新しく目指せる技術職です。

興味あるなら一度触ってみよう

webデザインは独学でできます。
一度自分で触って勉強すれば、「向いているのか・向いていないか」がわかるはずです。
少し厳しい言い方をしますが、適正検査や性格が合わないから「やらない」は言い訳ですね。

それで夢を諦めるのは勿体無い。

興味があるだけでwebデザイナーとして素質はあります。
とりあえず、チャレンジしましょう。

期間は半年から1年くらい

勉強のスピードによりますが、半年から1年でwebデザイナーになれます。
私自身がデザイン学校を卒業しているので、経験と体感の目安です。参考程度で。

もし独学は厳しい人はスクールに行けばOKです。
現役プロが最短の道で教えてくれるので、現場の技術で学ぶことができますよ。

学校で習うことより、現場で身につく技術の方が価値があります。
つまり、どれだけ現場と近い距離で学べるかが最短の道。
>>無料体験あり:デザイナー視点で選ぶスクール3社

webデザイナーは自由度が高い

webデザイナーは自由度が高い

webデザイナーは自由度がある技術職です。
全てパソコン一つで全てできるからですね。

もちろん、お金を稼ぐのは簡単ではありませんが、選択肢はたくさんあります。

会社に所属する必要はない

Webデザイナーは働き方に縛りがありません。
なぜなら、成果物を提出すれば報酬が発生するからです。

自分のライフスタイルに合う、働き方を選択できます。

  • 正社員
  • フリーランス
  • 副業

人間関係が苦手な人は、会社に所属する必要はありません。

人付き合いが苦手、コミュ障で会話がキツイなど。
一人でコツコツできる環境を作ることができますね。

技術一本だから、フリーランスから正社員の戻ることもできます。

まずはチャレンジして、試行錯誤することが大事。

LiDo
LiDo
コミュ障はコツコツできる人が多いね

デザインの横移動ができる

サイト制作が嫌になっても、web上で使う画像を作るデザイナーになれます。
Adobeが扱えるから、制作物を変えれば仕事には困りません。

例えば、バナー制作・サムネイル制作・画像加工ができるはず。
あとは、Youtubeのサムネイルの受注もできますね。

「コーディングが嫌だな。サイト制作向いてないかも」と疲弊しても、他のデザインをすれば良いだけですよ。

LiDo
LiDo
視野を広げると可能性が広がるね

向き不向きはなし。チャレンジするのみ

向き不向きはなし。チャレンジするのみ

何事もチャレンジが大事です。
クリエイターというイメージが大きく、デザイナーが特別に見えているだけです。

デザイナーはビジネスだからセンスは入りません。

半年から1年くらいでスキルは身につきます。

現場と近い距離で学べれば、最短で取得が可能ですよ。
>>無料体験あり:デザイナー視点で選ぶスクール3社

コメント

タイトルとURLをコピーしました