【未経験者向け】身に付けるべき、最低限のWebデザインスキルとは?

【未経験者向け】Webデザインに必要なスキルは3つだけ【生き残る方法】

まめ丸
まめ丸

Webデザインはどんな知識が必要何だろう。専門用語とか知らないから詳しく知りたい。全くの初心者が身につけられるのかな。

この疑問にお答えします。

ブログの運営者のリドは、4年制デザイン学校を卒業。前職ではメディア運営をしているIT会社でデザイナーをしていました。

未経験でwebデザインを目指すなら、まずは身につける知識について知る必要があります。

全くの知識ゼロでは、何を勉強すれば良いかわからずに苦労しますね。

そこで本記事では、未経験向けにwebデザインに必要なスキルを解説します。さらに、生き残り方の提案もします。

LiDo
LiDo

Webデザインの専門用語を理解して、スキルを身につける方法まで丸わかりですよ。

未経験に必要な最低限のWebデザインスキルとは?

未経験に必要な最低限のWebデザインスキルとは?

Webデザインのスキルは、大きく分けて2種類あります。

プログラミングとデザインの複数スキルを使うからです。

  • デザインについて
  • デザインツール
  • プログラミング

以上を身につけることで、未経験でもwebデザイナーに転身ができます。

では、詳しいスキルと用途を以下で紹介します。


>>Webデザインで必要なソフトウェアはコチラ

デザイン基礎

デザイン基礎

デザインの基本的なルールや知識を身につけます。

デザインには決められたルールがあり、その中で構成をしていくからです。

つまり、抽象的な「センス」というものは必要ありません。

例えば、

  • 4つのデザイン原則
  • タイポグラフィの知識
  • 配色のルール
  • レスポンシブデザイン

などが当てはまります。

これらの知識を学習すれば、デザインについて理解できます。

Adobe Illustrator

Adobe Illustrator

Adobe Illustratorとは、ロゴやアイコンを制作するデザインソフトです。

細かく難しい図やイラストなど自由に作成できます。

Webデザインでは、各種パーツを制作に使います。

Illustratorでロゴやアイコンを制作して、Photoshopに落とし込むことが一般的。

使用例は以下の通り。

  • webデザインで使うロゴ
  • 各種アイコン
  • 特殊な文字加工

デザイナーの中には、Photoshopのみでwebサイトをデザインする人もいます。

Illustratorは絶対必要というわけではありませんが、取得すると幅が広がりますよ。

Webデザイナーを目指すなら、取得しておきましょう。

Adobe Photoshop

Adobe Photoshop

Adobe Photoshopとは、写真加工や合成画像、画像の切り抜きができるデザインソフトです。

Webサイトを制作では、メインツールとして活用します。

Photoshopでwebサイトの全体をデザインするからです。

使用例は以下の通り。

  • webサイトのデザイン
  • 画像制作や加工
  • 画像の切り抜き

その他、サイトで使うメイン画像のデザインや画像の加工などを行います。

PhotoshopはWebサイト制作で、必須ツールで必ず取得しましょう。

Adobe XD

Adobe XD

Adobe XDとは、webサイトやモバイルデザインに特化したソフトです。

Photoshopに変わってXDを使用する現場が増えています。

XDは複雑なデザインが苦手ですが、機能はシンプルで簡単に学習できます。

使用例は以下の通り。

  • webサイトのデザイン
  • 画面遷移の確認
  • 共同編集機能

XDとPhotoshopは併用して、webサイトを制作します。

先にPhotoshopを覚えて、XDを取得すると効率が上がります。

HTML5 / CSS3

HTML5 / CSS3

HTML5 / CSS3は、Webサイト制作において、基本中の基本。

Webサイトをインターネットに表示させるために、HTML5 / CSS3を使うからです。

この2つの役割分担は、

  • HTML5はコンテンツ(文章)
  • CSS3はデザイン(装飾)

以上のように使い分けをします。

HTML5のソースコードはこちら。
HTML5のソースコード

CSS3はソースコードはこちら。
CSS3はソースコード

デザインだけではなく、HTML5 / CSS3も必須スキルです。

JavaScript / jQuery

JavaScript / jQuery

JavaScriptとは、HTML5/CSS3で表現できない「動き」を加えるプログラミング言語です。

jQueryとは、JavaScripで表現できることを、簡単なコードで表示できるようになった言語です。

できることは、「アニメーション」「コンテンツを動かす」「表示 / 非表示」などが挙げられます。

また、数値計算や条件に応じて、表示を変えることも可能です。

JavaScriptのソースコードはこちら。簡単な計算をしました。

JavaScriptのソースコード

HTML5/CSS3でwebサイトは作れます。

ですが、JavaScriptを使えば、より自由度が高い表現できるのです。

webデザインで必要なスキルを学ぶ方法

webデザインで必要なスキルを学ぶ方法

以上のスキルを手にいれるには、2つの方法があります。

結論は、「独学で地道に勉強する」か「webデザインのスクールに行くか」です。

費用を抑えてwebデザイナーになる

結論、独学でもwebデザイナーになれます。

完全実力主義の技術職だからです。

「デザイナー = 専門学校や美大出身」という印象があると思いますが、経歴や問題ありません。

メリット

自分のペースで勉強できる
お金が掛からない

デメリット

時間がかかる
教えてくれる人がいない
正しい知識なのか判断がつかない

こんな感じですね。

好奇心旺盛で、自分で勉強できる方に合っていますね。

まずは、webデザインのイメージを掴むために、独学から始めるのは全然ありです。
>>独学でwebデザイナーを目指すロードマップはコチラ

Webデザインのスクールは効率的

結論、webデザインのスクールで学ぶ方法が一番早いです。

短期間で技術と時間を買い、プロから教わるからです。

私がデザイン学校出身で、デザインスキルの習得は早かった印象があります。

スクールのメリットデメリットは以下の通り。

メリット

効率的に勉強できる
就職サポートがある

デメリット

お金が掛かる
短期間で膨大な時間が必要

こんな感じですね。

今やっている仕事がストレスの方は、早く転職できる方法の1つです。

web制作の単価は高いので、掛かったものはすぐに回収できますよ。

Webデザインのスクールをまとめた記事を紹介します。

+aで重宝される必要なスキル

+aで重宝される必要なスキル

自分の強みを作っていくのが大事。

どんどんIT化が進み飽和状態が予測されるためです。

デザイン以外で必要だと考えられるスキルは2つ。

  • Webマーケティング
  • SEO関連

私が自身が、IT企業でデザイナーで入社して、現場で経験を積みながら行き着いた答えです。

私は上記の2つスキルを身につけるためにブログを始めました。

スキル1つ目:Webマーケティング

デザイナーがこの知識を身につければ、ヒートマップやアナリティクスから読み取り、デザインを改善していけます。


Webマーケティングとは、
戦略と立てデータを読み取り改善をして行く仕事

 

基本的にwebマーケッターに任せればOK。

現場では数字を追うために、何度もデザイン改善を頼まれることがあります。


しかし、感覚に任せたデータ的根拠がない指示で、無駄な作業もしばしば。

デザイナーという立場から意見の交換もできるので、より良い改善に繋がる可能性も。

提案力がある人材は、重宝されるはずです。

スキル2つ目:SEO関連

Webデザイナーもある程度のSEO知識は必要です。

Googleはサイトの構造や画像の大きさ、コンテンツ、コーディングのやり方などから評価をしているからです。

SEOとは、
検索エンジン=GoogleやYahoo!で、最適化をして上位表示すること

検索エンジンにヒットしないwebサイトに意味はありません。

上位表示されないと集客ができないからです。

SEOを考慮した提案ができる力は、ビジネスをする上で強みです。

見た目が綺麗なデザインが良いわけではなく、ロジカルに考え抜かれたデザインが良いデザインと言えます。

ビジネス的課題が解決できるサイトを制作することが仕事です。

2つのスキルは独学しよう

  • Webマーケティング
  • SEO関連

初心者がすぐに求められる知識ではないので、独学でOKです。

あとは、徐々に現場で求められたり教えてくれるはず。

今後デザイナーとして生きて行くために、キャリアを積むためにつけたほうが良い知識という感じ。

まずは、最低限のスキルを身につけましょう。

将来を見据えて知識をつけていく

将来を見据えて知識をつけていく

最低限身につけるべき、必要なスキルは以下の通りです。

  • デザイン基礎
  • Adobe Illustrator
  • Adobe Photoshop
  • Adobe XD
  • HTML5 / CSS3
  • JavaScript / jQuery

webデザイナーを目指すなら、スクールを活用すると効率的に学習できます。

マンツーマン指導や就職支援のサービスなどの魅力も。

費用かけずに手始めに勉強したい人は、>>独学で始めるwebデザインロードマップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました