【Webデザインorプログラミング】どちらを目指すべきか?

【Webデザインorプログラミング】どちらを目指すべきか?

まめ丸
まめ丸
Web業界を目指したい。でも、Webデザイナーとプログラマーどっちが良いのかな。どんな特徴があるのか教えて欲しいな。

この疑問にお答えします。

本記事の概要
  • Webデザイナーとプログラマーの違い
  • Webデザイナーかプログラミング目指すのどっち?
  • 結論:〇〇です

今回はWebデザイナーとプログラマーで迷っている方に、目指す方向性について解説します。

未経験者にとって、WEB業界の役割の違いってわかりにくいですよね。

私も学生時代はぼんやりわかっていた程度で、しっかり理解できたので会社に入ってからでした。

デザイナーでも多少のプログラミングスキルを求められるので、混乱するんですよね。

本記事では、Webデザイナーとプログラマーを比較して違いをはっきりさせます。
あなたに合う目指す方向性がわかりますよ。

Webデザイナーとプログラマーの役割の違い

Webデザイナーとプログラマーを比較
Webデザイナーとプログラマーには明確な違いがあります。

Webデザイナー → サイトのデザイン部分を担当
プログラマー → web上に表示して使えるようにする

解説していきます。

Webデザインの仕事は見た目と担当

簡単に表すと、私たちがWebで目にしている部分です。

Webデザイナーはサイトのデザイン部分を全て担当しています。

例えば、
クライアントが求めるゴールにたどり着くかな?
ユーザーが気持ちよく使えるデザインかな?

ユーザー側とクライアント側の2つの視点からサイトを構成します。

また、Webデザイナーはマークアップ言語で、webに表示させるところまでを行うことあります。

仕事の流れ
サイトマップ → ワイヤーフレーム(ラフ画) → デザイン → コーディング

このように、サイトに必要な見た目の部分を一通り担当します。

プログラマーの仕事は内側を動かす担当

簡単に表すと、私たちがwebサイトで動かしている部分です。

プログラミング言語を使ってシステムとして構築する仕事。

複数のプログラミング言語を用途によって使い分けます。

コンピューターにやって欲しいことを、web上の言語 = プログラミング言語で指示をしていきます。

例えば、
洗濯機は洗濯物と洗剤を入れてボタンを押せば、指示された仕事を処理するように設定されています。

このように、プログラミングは処理する仕事を指示しているのです。

仕事の流れ
デザインが完成 → プログラミング作業 → 納品

外側のデザイン完成後に、Web側に仕事を指示していきます。

Webデザイナーとプログラマーを比較

Webデザイナーとプログラマーを比較
3つの基準で比較していきます。

結論は以下の通り。

習得の難しさ:Webデザイン < プログラミング
年収:Webデザイン < プログラミング
働き方:Webデザイン > プログラミング

下記で詳しく解説します。

比較1:習得の難しさはwebデザインが低い

Webデザインはハードルが低いです。
独学でもデザインスキルを身につけることができるからです。

Webデザイン
デザインスキル
デザインツールを扱うスキル
コーディングスキル

以上の通り。

プログラミングはハードルが高いです。
覚える言語が多い上に、仕組みを頭で理解しなければいけません。

得意不得意がわかりやすいのが特徴です。

プログラミング
コーディング言語
Web系言語
サーバー/データベース

以上の通り。

習得の難易度は、Webデザイン > プログラミングです。

比較2:年収はプログラミングが勝利

プログラマーの方が年収は高いです。
高度な専門技術で希少性があるからですね。

求人ボックス調べでは、年収は以下の通り。

Webデザイン:平均年収は432万円
プログラマー:平均年収は525万円

この結果は、Web業界のプログラマー不足も関係がありそうです。

しかし、調べた年収は以上の通りでしたが、私が見てきた求人と比べると少し高いかなと。技術職は企業や役職によって変動はあります。

あくまでも参考程度に。

それでも、プログラマーの方が年収が高いのは事実ですね。
年収はWebデザイン < プログラミングです。

比較3:働き方はwebデザインが勝利

働き方の自由度が高いのは、webデザイナーです。
時間も関係なくPC一台で完結できるので、案件があれば自由度は高いです。

正社員、フリーランス、副業、在宅ワークなど様々な働き方ができます。

結婚しても家で仕事ができるので、女性のキャリアチャンジでwebデザイナーを目指す人も多いですね。

プログラマーは社内で動いている方が多いイメージ。主な仕事内容がWebサービスのシステムの管理をするからです。

しかし、独立してフリーランスで働くプログラマーもいるので問題ありません。

どちらかというと、一般的にwebデザイナーの方が自由度は高いです。

目指すはWebデザイナーかプログラマーか?

目指すはWebデザイナーかプログラマーか?
以上のことを踏まえてまとめました。
あなたがやりたい仕事はどちらですか?

Webデザインとプログラミングの特徴

Webデザイン

習得の難しさは低い
年収は低い
自由に働きたい
もの作りが好きでデザインがしたい
新しい物が好き

プログラマー

習得の難しさは高い
年収が高い
PCと向き合える
コツコツと一人で作業ができる
ロジカルに考えられる

Webデザインとプログラマーでは、特徴は以上の通りです。

年収や働き方は自分次第で変わるので、あまり基準にしないほうが良いです。
身につけるスキルに癖があるので、得意不得意で決めて良いでしょう。

【結論】おすすめはWebデザインを身につける

【結論】おすすめはWebデザイナー

プログラマーは年収が高く、学習難易度が高いのが難点です。

しかし、Webデザイナーは未経験でも学習がしやすいです。

敷居が低くて数少ない技術職だから、多くの人が目指せます。

Webデザイナーならプログラミングも学ぼう

Webデザイナーを目指すなら、プログラミングも身につけましょう。
できる案件の幅が広くなり、希少価値が高くなります。

実績がなくWebデザインしかできない人は、就職が厳しいですね。

今後Webデザイナーとして、生き残る為にも身につけておいて損はありません。

独学に躊躇する方は、プロから指導を受けられるスクールがおすすめ。

もし、「自分にはwebデザインとプログラミングどっちが合うのかわからない!」という方は、一度スクールに相談することをおすすめします。

あなたに合うキャリア設定を提案してくれるからです。

未経験でもWeb業界は目指せる

Web業界は目指せる

Webデザインとは、
webサイトの外側のデザイン行う

 

プログラマーとは、
内部のシステムを構築

習得の難しさ:Webデザイン > プログラミング
年収:Webデザイン < プログラミング

働き方:Webデザイン > プログラミング

以上のことから、Webデザイナー・プログラマーどちらも興味がある職業を目指しましょう。

私個人は、敷居が低く初心者からできるWebデザイナーをおすすめします。

独学に抵抗がある方は、短期間で習得できるスクールに行きましょう。
まだまだ、迷う点がある方はプロに相談しましょう。
プロの指導が受けられるオンラインスクールでは、無料体験と一緒に相談ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました