Webデザインを身につけるメリット【他業種も関係あります】

Webデザインを身につけるメリット【他業種でも関係あります】

まめ丸
まめ丸

Webデザインに自分も興味が出てきた。でも、改めてWebデザインを身につけるメリットが知りたい。Webデザインの知識って他に役に立てられるのかな?

この疑問にお答えします。

本記事の概要
  • Webデザインのメリット
  • Webデザインのデメリット
  • Webデザインが仕事に役立つ業種

本記事を書いているリドは、4年制デザイン学校を卒業。前職ではメディア運営をしているIT会社でデザイナーをしていました。本記事は私の経験、先輩デザイナーから聞いた話やリサーチを元に書いてます。

Webデザインを身につけるメリットはたくさんあります。

しかし、多くの人はwebデザインができるメリットを知らないですよね。
Webデザイナーを目指す人だけのスキルではなく、さまざな場面で活用できます。

私自身、コーディング作業があまりできませんが、このブログの簡単なカスタマイズをやっています。他にもSNS等の画像制作のスキルが役に立っていますね。

Webデザインを身につけた人のメリットや活用方法を紹介します。

それでは、具体例を交えて解説していきますよ。

Webデザインを身につけるメリット

Webデザインはメリットだらけ

Webデザインの身につけるメリットがあります。
必要なスキルはこちらWebデザインに必要なスキルは3つだけで解説しています。
スキルについて知らない方はぜひ、ご覧ください。

上記のスキルを身につけるメリットは全部で3つ。

一人で完結できる
働き方が自由になる
収入源の複数化ができる

下記で解説します。

メリット1:Webデザインを一人で完結できる

Web制作がたった一人でできるようになります。

制作会社では、「デザイナー」と「フロントエンジニア」で分かれて、流れ作業になっているところもあります。前職ではこのやり方でした。

つまり、流れを全て習得できれば、デザイン側とフロントエンジニア側ができることになりますね。

実は、現役webデザイナーの中には、プログラミングまでできるデザイナーは少ない傾向が…

身につけると、会社員やフリーランスでも通用する人材の一人になれます。
PC一台で人と関わらずに完結できて、お金が稼げるメリットがありますね。

メリット2:働き方が自由になる

web制作が一人でできるので、働き方が自由に選べます。
なぜなら、PC一つで全てが完結できるからです。

独立して組織化する場合を除き、働き方が選べる職業はデザイナー職でも実は少ない…

会社員やフリーランスといった雇用形態だけではなく、働く場所も関係ありません。

例えば、

  • 家にこもって作業もできる
  • 世界中旅をしながらできる
  • 兼業もできる

こんな感じ。

家庭を優先にした働き方、フリーランスとして実績を無我夢中に積み上げていく働き方、のんびり生活費のみ稼いでいくスタイルもできます。

本当はどんな働き方を夢見ていたのか?
無理せず働き方は?

Webデザインを習得すれば、選択肢が広がる数少ない職業です。

メリット3:収入源の複数化ができる

Webデザインのスキルがあるだけで、収入源を分散できます。
Adobeの操作とコーディングの使えるため、他のデザインを受注することができるからです。

収入源の分散のメリットは以下の通り。

お金になる → デザインスキルが上がる → 実績 → 仕事につながる

会社員Webデザイナーの副業で、拘束期間が短いデザインの仕事を受注している方はいます。
本業ではできないデザイン領域の仕事を、副業でやることで実績を積み挙げられますよ。

具体的にできることは以下の通り

  • バナー制作
  • ロゴ制作
  • SNS等の画像制作
  • サムネイル制作
  • グッズ制作
  • ブログアフィエイト
  • Webサイトを立ち上げる

少し挙げるだけで、これだけ種類があります。
広く浅くor狭く深く、自由に好きなことできるのが良い点です。

ちなみに、私はwebライティングやSEOの知識を得るためにアフィリエイトをはじめました。
これも自社サービスを運営している会社にいた経験から、興味の幅は広がりました。

会社員・フリーランス関係なく、収入源の分散は必要です。

Webデザインのたった1つのデメリット

Webデザインのたった1つのデメリット

たった一つだけデメリットはあります。
何事もメリット・デメリットがあるので、確認はしておきましょう。

デメリット:習得に費用と時間がかかる

Webデザインのスキル取得のために、時間と費用の投資をします。
取得する技術がデザイン面とプログラミング面の2種類があるからです。

独学でも勉強はできますが、90%以上は挫折すると言われています。

そこで、効率よく学びたいならスクールをおすすめです。
オンラインのため場所も時間も縛られていません。
期間が決まっているので、習得した後のキャリアプランがスムーズに勧められますね。

スクールの受講方法が少ないと思われがちですが、自分に合う期間やコースの選択ができます。

スクールは人によって合う合わないがあるので、自分で選択がすることが大切。
無料体験や無料カウンセリングで、判断してください。

他業種でもWebデザインは仕事に役立つ知識

他業種でもWebデザインは仕事に役立つ知識

他業種でもWebデザインは仕事に役立ちます。
簡単にいうとwebデザイナーと関わっている業種の方です。

Web業界に関わっている業種

Webデザイナーと関わる業種方は、自身にも知識をつけるとメリットがあります。

  • マーケッター
  • Web担当者
  • エンジニア

企業は他業種と関わりながら、サイト制作や運営、開発をしますが、問題が起こることも。
それは、コミュニケーションの行き違いが起こることがあるからです。

指示を出す→デザイナーに難しいと言われる→どうにかできないかと打診→お互いに困る

こんな感じ。

原因はさまざまですが、基礎知識がないことが挙げられます。
私自身も他業種の方とのコミュニケーションに困りましたが、知識がある人とはスムーズに仕事が進みました。

また、身につけたWebデザインのスキルは副業でいかせます。
収入の幅を広げられますね。

Webデザイナーを目指す方以外でも、知識をつけると本業に活かせる業種があります。
会社員としてレベルアップができますね。

Webデザインのメリットは多種多様

Webデザインのメリットは多種多様

実際はメリットだらけですが、デメリットもあります。
これを頭に入れて、デザイナーとして目標を立てましょう。

メリット1:一人で完結できる
メリット2:働き方が自由になる
メリット3:収入源の複数化ができる
デメリット1:習得に費用と時間がかかる

マーケッター、Web担当者、エンジニア等、デザイナーと関わる業種は仕事で使える知識になります。身についたスキルは副業は発揮できるなど、収入の幅を広げられます。

無料体験や無料カウンセリングで相談が可能です。
学びたいこと、将来の夢、スクールについてなど気軽に相談してみてください。

もう少しwebデザインスクールについて知りたい方は、詳しい比較や特徴をまとめた記事を書きました。合わせてご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました