【事実】文系の新卒でもWebデザイナーになれる2つの理由【勉強から就活まで解説】

【事実】文系の新卒でもWebデザイナーになれる2つの理由【勉強から就活まで解説】

まめ丸
まめ丸

文系の大学に進学しちゃっけど、Webデザイナーになりたいな。

時間はあるし、webデザインの勉強方法はあるかな。未経験でも就職できるのかな。

この疑問にお答えします。

本記事の概要
  • 文系でもwebデザイナーになれる理由
  • webデザインの勉強方法
  • デザイナーの就職活動

文系でもwebデザイナーになれます。

しかし、何も知らないデザインとは無縁の一般大学生が、一から勉強するのは難しいですよね。そこで、Webデザイナーになるためのロードマップをまず知りましょう。

今回は文系でもwebデザインができるのか?という疑問について回答します。

本記事を読めば、勉強の仕方からweb業界の就職についてを知り、夢への一歩を進むヒントを摘むことができますよ。

特に新卒ならチャンスはいくらでもあります。

LiDo
LiDo

私の経験を基づいて、有利な就職活動に事情も解説しますよ。

文系の新卒でもWebデザイナーになれる理由

文系の新卒でもWebデザイナーになれる理由

文系でもwebデザイナになれます。
理由は2つ。

  • Webデザイナーに学歴は関係ない
  • IT系だけどwebデザイナーは数式を扱わない

Webデザイナーに文理は関係ない

文理は全く関係なく、学歴も見られません。

私はデザイン学校出身な上に、文系の方はまだあったことがないですが…
(学歴を気にしないベンチャー企業だったので、話をすることもありませんでした。)

周りの先輩は、理系・文系でもなく独学でした。
独学でwebデザイナーになった方に研修でコーディングを習ったので、スキルがあれば仕事はできます。

学歴が関係ない上に、独学でもwebデザイナーとして仕事ができるので、文系・理系は関係ないということにないですね。

IT系だけどWebデザイナーは数式を扱わない

必要スキルでHTMLやCSSのコーディングがあります。

プログラミングの一部のコーディング(フロントエンドの部分)はしますが、数式を扱うことは全くありません。

コーディングのイメージ

HTMLは文法に沿ってデザインの型を作る
CSSは型に色や装飾を施す

 

実際、私も少しコーディングを勉強しましたが、英語の文法を覚えることに近いです。

前職の同僚のプログラマーは関数(数式)を使っていたので、彼らは数字に強いんだと思います。

数式を扱うプログラミングの分野
数式を使わないプログラミングの分野←webデザイナーはこっち

Webデザイナーは後者です。

文系からデザイナーになることが難しいと思われる理由

文系からデザイナーになることが難しいと思われる理由

モノを作る職業だから、イメージから2つの誤解があります。

  • webデザイナーは特別な職業
  • 資格がいる職業

誤解1:webデザイナーは特別な職業

憧れの職業でもあるので、多くの人は特別なイメージを持っています。

なぜなら、デザイナーと関わりのない仕事の人は、デザイナーという職業について知らないからです。イメージばかりが大きくなっている状態ですね。

私の経験では、数名の友達にグラフィックデザイナーになる(当時)と話すと、「どんな仕事なの?」「絵が好きだったもんね」という感じです。

デザイナーの仕事はイメージさえもつきにくく、絵が好きだからクリエイターになったと思われています。

  • 画力は求められない
  • デザインはビジネスの一部

簡単に誤解を解くと上記の内容です。
イラストを使う場合は、プロのイラストレーターに発注するので画力は入りません。
デザインは好き勝手制作して良いわけではなく、ビジネスがありロジカルに制作します。

LiDo
LiDo
専門学生でも誤解している場合があります。

誤解2:資格がいる職業だと思われている

資格は入りません。

カラーコーディネーターなどの資格を持ったデザイナーにあったことがないからです。
履歴書の資格欄にデザイン関係の資格が記載されていても、特別に有利になる印象はないですね。

一番重要なことは「何ができるwebデザイナーなのか」です。
ポートフォリオでスキルを判断されるので、作品作りや実績作りに力を入れた方が良いです。

LiDo
LiDo
何よりも実績とスキルが大切な業界です

文系でWebデザイナーになる方法

文系でwebデザイナーになる方法

スキルもない未経験者は、就職活動では相手にされません。
技術職だから、未経験可の求人でもwebデザインの能力は求められます。

勉強方法は2種類
  • 独学の方法
  • webデザインの学校に行く方法

下記で解説します。

Webデザインの独学の方法

学生なら時間があるので、独学でも問題はないです。

期間は約半年から1年かかります。

勉強内容は、コーディングとデザインの2つの分野。
詳しい独学のロードマップは、webデザインは独学で何から始めるの?で解説しています。

誰にも聞くことができないので、孤独な作業時間が続きますが、お金も掛からずにスキルが手に入ります。

しかし、正解かどうかもわからずに、勉強し続けるのは不安になりますよね。
そこで一番のおすすめは、スクール通いつつ独学を続けるやり方です。

LiDo
LiDo

独学だけは難しいし、スクールだけも勿体無い。
スクール+独学が最強かも

Webデザインのスクールに行く方法

スクールは費用がかかりますが、現役講師から効率的にスキルを学ぶことができます。
就職支援もあるので、ほぼ専門学校のような手厚いサポートが売りですね。

期間は約3か月
費用は約30万

学校に通いつつ他のスクールに通うのは厳しい面もありますが、オンラインスクールを選べば時間を節約できます。3か月でスキルを学べるので、学び終えたら実績を積んだり、インターンに行ったりと就職活動に力を入れられます。

また、学生には30万円の費用は高いですが、長期休みのバイトで稼げるレベルです。
月5万の貯金を半年続けて、欲しいものを我慢すれば払えるはず。

デザイン学生だった私が選んだ、Webデザインスクール3選を解説しています。

LiDo
LiDo

まずは無料カウセリングや無料体験の予約をして、情報を集めよう。

デザイナーの就職活動の方法

デザイナーの就職活動の方法

新卒の就職活動は何かと有利です。
なぜなら、優良なスキルを求めているというよりは、育て甲斐のある人材を選ぶからです。

ポートフォリオを持ってガンガン活動しましょう。

ベンチャー企業にインターンに行く

ベンチャー企業では、学部関係なくウェルカムです。
企業側はその年の学生の情報が知りたいので、どんどんインターンを受け入れる傾向があるからです。

現場でデザイン職の働き方を見て、自分に合う企業か判断材料になります。
想像と異なる場合が多いので、気になる会社には行きましょう。


実はインターンも実績になるんですよ。
「インターン=活動力がある」と評価されて、そこでの学びや失敗談を面接で話すことができます。

私の体験談ですが、メガベンチャーだと「インターン何社行きましたか?」と聞かれることも。当時インターン経験なかったので、「インターンに行ってください」と言われたことがありました笑

人材の採用は慎重だからこそ、インターンなどの活動を入れて、多方面で評価されています。

5日ほどの短期インターンでは、制作した作品をポートフォリオに載せても良いと言われる会社もありますよ。

LiDo
LiDo

インターン先によるので著作権をなど気をつけてね

文系・理系関係なく新卒はチャンスですよ

文系・理系関係なく新卒はチャンスですよ

Webデザイナーには学部は関係ありません。
スキルがあれば就職活動ができます。

勉強方法は独学+スクールの併用が、一番早くスキルを得ることができます。
スクールは約30万ほどかかりますが、バイトで払える値段だから検討ありですね。

おすすめのWebデザインスクール3社はリンクから飛べます。
オンライン可能のスクールを選んだので、無料体験やカウンセリングを通して判断しましょう。

LiDo
LiDo
中には学割があるスクールもありますよ。

就職活動はガンガンとインターンに参加してください。
行動力があるデザイナーは好奇心があるので、評価されやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました