【大人から学ベる】東京デザインプレックス研究所|Webデザインコースの口コミ・評判を解説

【悪い?】東京デザインプレックス研究所Webデザインコースの口コミ・評判を解説

まめ丸
まめ丸
東京デザインプレックス研究所はどんな学校?Webデザインを学んだ受講生の口コミが知りたい。

この疑問にお答えします。

東京デザインプレックス研究所は、大人のために作られたデザイン学校です。

他スクールとは系統が異なり、専門学校の雰囲気が強いため、気になりますよね。

私自身がデザイン学校を卒業しているので、初心者にはわかりにくい「学校の特色」を紹介していきます。

\ 資料請求ができます!/

資料請求

\ 無料で資料請求ができる /
LiDo
LiDo

学校の特色やコースについて解説されていました!

東京デザインプレックス研究所はどんな学校?

東京デザインプレックス研究所はどんな学校?

名前東京デザインプレックス研究所
授業形態教室に通う
住所 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2丁目10 新大宗ビル2号館 9F
その他資料請求

東京デザインプレックス研究所は「大人のための本格的なデザイン学校を創ろう」をコンセプトに作れた、社会人からデザインを学べる学校です。

東京デザインプレックス研究所の口コミ・評判をまとめて紹介

東京デザインプレックス研究所の口コミ・評判をまとめて紹介

ネット上にある受講生や卒業生の口コミ・評判を集めました。評判の鮮度を保つために、1年から2年ほど前の内容です。

webデザインコースを受講した口コミ・評判だからこそ、信ぴょう性があるはず。

では、詳しくご紹介していきます。

悪評あり?!東京デザインプレックス研究所の悪い口コミ

もっと聞ける環境が整っている学校かもしくはもっと長期で質問出来る学校に通えばよかった参考:クチコミ

後、授業で買わされる教材の情報が古くて、全く為にならないので
家でホコリかぶってます。参考:クチコミ

あまり理解できないまま卒業してしまい、その後に入ったオンラインのスクールの授業のほうがよっぽどわかりやすて、この学校で大金をドブに捨てました。参考:クチコミ

  • 授業以外で質問ができない
  • 授業で買わされる教材の情報が古い
  • あまり理解できなかった

疑問・質問はタイミング次第で、理解度に差があるというデメリットが。

講義で使用した教材が古く、現場で使えなかった人もいるみたいですね。HTML/CSSの書き方は、人によってバラつきがあるため、正解がないところが難しいのです。

LiDo
LiDo

学ぶ姿勢が大事!

良い評価あり!東京デザインプレックス研究所の良い口コミ

Webデザインのコースを受講しました。
仕事をしながらだったので、土日に通うことができて、良かったです!参考:クチコミ

有名なデザイナーさんや著名人の講義を受けられるのがとても貴重な時間でした!
直接質問や名刺交換ができる時間もあるのは、他のセミナーではなかなかないので、ここで出会った方たちとの出会いが今の私の活動に刺激を与えてくれました!参考:クチコミ

グラフィック、WEBを学べる1年制のコースを修了しました。基礎の基礎から実践まで勉強できるので、とても有意義な1年でした。参考:クチコミ

私にはオフラインの授業が合っていたので、クラスメートがいる環境がよかったです。参考:クチコミ

時間を見つけて先生に相談したりしましたが、困ったときには先生が熱心に答えてくれました。参考:クチコミ

  • 土日授業で社会人でも通える
  • セミナーでは交流会がある
  • 基礎から実践まで勉強できる
  • クラスメイトがいる環境はよかった
  • 困ったときには先生が熱心に答えてくれる

社会人でも通えるカリキュラムで、webデザインを網羅的に学べると好評。

他スクールよりセミナーや交流が活発で、プロデザイナーや講師と話す機会があるみたいです。

LiDo
LiDo

切磋琢磨できる仲間と将来仕事をするかも!

東京デザインプレックス研究所のメリット・デメリット

東京デザインプレックス研究所のメリット・デメリット

口コミ・評判からメリット・デメリットを紹介します。重大なデメリットないか、確認してみてください。

口コミでわかる東京デザインプレックス研究所のデメリット

  • マンツーマンレッスンではない
  • 卒業後に質問できない

マンツーマンではない講義形式だから、受講生1人ひとりにサポートしていくのは厳しいですね。

卒業後のサポートもありますが、学校に行くハードルが高いデメリットも。

まめ丸
まめ丸

サポート体制の不満が。。。

口コミと特徴でわかる東京デザインプレックス研究所のメリット

  • 仕事と学校の両立が可能
  • 先生や生徒での交流が活発
  • 現役プロによるワークショップ

受講方法は、3種類のクラスから選べるので、受講日程・期間・時間をライフスタイル合わせて選択が可能。

また、現役デザイナーのワークショップでは、貴重な経験もできると好評です。

LiDo
LiDo

授業以外に学べる環境がある

良い口コミは東京デザインプレックス研究所の特徴3つにある

良い口コミは東京デザインプレックス研究所の特徴3つにある

  • デザインに力をいれている
  • 少人数クラス制で講義形式
  • ラボラトリーと呼ばれる課外活動がある

上記の特徴があるので、詳しくご紹介していきます。

特徴1:少人数クラス制で講義形式

  • 対面・実践形式・グループワーク
  • 講師は現役プロフェッショナル

東京デザインプレックス研究所は、約10名~ 16名までの少人数のクラス制で受講していきます。

現場ではチームワークが大事。だからこそ、グループワークで実践に近い形で学習します。

私が卒業したデザイン専門学校もグループワークが多く、仲間の意見・知識を交えながら一つの物を制作しました。

同じ志を持つ仲間とともに成長できるのも、クラス制だから実現する内容ですね。

講義形式で近い距離でコミュニケーションがとれるのは、オンラインではできない貴重な経験になります。

LiDo
LiDo

講師は現役のデザイナー・クリエイター!

特徴2:デザインに力をいれている受講内容

社会人向けの学校では珍しく、カリキュラムの中に「デザイン思想」が入っているのです。

デザインの元になる考え方だから、とても大事。

例えば、

  • 企画アイデアの発想方法
  • 着眼点と発想法の成功事例
  • ストーリー構築
  • コンセプトメーキング

上記のような、デザインの考え方や思想について学ぶことができるのです。

他スクールのWebデザイン系では「制作」に力を入れるので、「デザイン」そのものは基礎程度で終わることが多いのです。

LiDo
LiDo

ビジネスに基づいたデザインができる!

特徴3:ラボラトリーと呼ばれる課外活動がある

ラボラトリーとは、東京デザインプレックス研究所独自の「部活」「コミュニティ」です。

「プロフェッショナルラボ」「フューチャーデザインラボ」「メディカルデザインラボ」
など複数存在。

内容の一部で例えば、「学校・生徒・企業」がタイアップする「産学協同」があります。

産学協同は、企業・団体・組織から依頼を受けて、学生が課題解決に取り込むもの。

ボランティアの一環で金銭などは発生しませんが、ほぼ実務に近いのでリアリティがあります。

私は特にフューチャーデザインラボに入ってよかったと感じています。2030年ごろの時間の過ごし方をテーマに未来洞察を行なったり、時間について考察したりと普段使わない頭をフル稼働させる環境がとてもおもしろかったです。

参考:クチコミ

LiDo
LiDo

私も学生時代に経験があり、実際にある課題をデザインを用いて解決策の提案をしました。

東京デザインプレックス研究所の3つのサポート

東京デザインプレックス研究所の3つのサポート

  • 企業紹介とキャリア
  • 受講でもサポート
  • ポートフォリオ制作

東京デザインプレックス研究所が受講生に提供するサポート3種類あります。

詳しく紹介するので、ご覧ください。

サポート1:企業紹介とキャリア支援

サポート1:企業紹介とキャリア支援
出典:東京デザインプレックス研究所

多くの受講生が社会人だから、キャリアアップのサポート体制が整っているのです。

就転職者に向けに企業紹介とキャリア支援を展開しています。

  • 個別カウンセリング
  • 企業紹介・求人掲載
  • 採用面接対策
  • 企業説明会

上記のように、網羅的に対応しているので、異業種の転職も安心して行えます。

また、「景気動向や雇用状況」の説明があり、業界の動向や状況を正しく理解できます。

ここまで具体的に就職サポートを公開している、デザインスクールは珍しい。

LiDo
LiDo

未経験者に優しい支援です!

サポート2:社会人でも学びやすい環境

受講サポートで注目すべきは、「クラス振替受講制度」「フリートレーニング制度」です。

クラス振替受講制度とは、「残業・体調不良」など予期しない事態で欠席をする場合、欠席日と同じ授業を他クラスで受けることができます。

つまり、後日同じ授業が受けられるので、仕事で都合がつかない場合も、安心して欠席ができるのです。

フリートレーニング制度とは、教室のPCが無料で使えたり、プリンタやスキャナなど周辺機器やインターネットも利用可能です、

また、受講修了後も入学後3年間は継続して利用可能なため、ポートフォリオ作成で活用できますね。

サポート3:ポートフォリオ制作

デザイナーの就職活動で一番大事なものは「ポートフォリオ」。

なぜなら、書類の中で一番高く配点されており、面接ではポートフォリオ関連の質疑応答が多いからです。

しかし、ポートフォリオ制作は「正解」がないため、初心者は作りにくい面も。

そこで東京デザインプレックス研究所では、徹底サポートしてポートフォリオ制作を強化。

LiDo
LiDo

ポートフォリオで就活は左右されるので、私が受講生なら100%活用します。

東京デザインプレックス研究所のWEBクリエイティブ専攻のコースと学費

東京デザインプレックス研究所のWEBクリエイティブ専攻のコースと学費

コース名Web&スマートフォンサイト制作コースWebデザイン総合コースWebディレクター総合コースWebクリエイティブ総合コースWebマークアップエンジニアコース
クラス夜間部:6ヵ月
土or日:6ヵ月
昼間部:2.5ヵ月
夜間部:9ヵ月
土or日:9ヵ月
昼間部:3ヵ月
夜間部:9ヵ月
土or日:9ヵ月
昼間部:3ヵ月
夜間部:9ヵ月-11ヵ月
土or日:9ヵ月-11ヵ月
昼間部:4ヵ月
夜間部:6ヵ月
土or日:6ヵ月
昼間部:2.5ヵ月
総合時間185時間235時間235時間285時間135時間
学費入学金:33,000円
受講料:533,500円
入学金:33,000円
受講料:632,500
入学金:33,000円
受講料:632,500円
入学金:33,000円
受講料:731,500円
入学金:33,000円
受講料:434,500円
教材費49,500円60,500円60,500円71,500円38,500円
総額616,000円726,000円726,000円836,000円506,000円
受講内容Photoshop
Illustrator
HTML5 / CSS3
Dreamweaver
Adobe XD
レスポンシブWebデザイン
JavaScript
jQuery
WordPress
…他デザイン基礎
Photoshop
Illustrator
HTML5 / CSS3
Dreamweaver
Adobe XD
レスポンシブWebデザイン
JavaScript
jQuery
WordPress
PHP / MySQL
ビジュアルデザイン
…他デザイン基礎
Photoshop
Illustrator
HTML5 / CSS3
Dreamweaver
Adobe XD
レスポンシブWebデザイン
JavaScript
jQuery
WordPress
PHP / MySQL
Webディレクション
…他デザイン基礎
Photoshop
Illustrator
HTML5 / CSS3
Dreamweaver
Adobe XD
レスポンシブWebデザイン
JavaScript
jQuery
WordPress
PHP / MySQL
Webマーケティング
…他デザイン基礎
HTML5 / CSS3
Dreamweaver
Adobe XD
レスポンシブWebデザイン
JavaScript
jQuery
WordPress
PHP / MySQL
*Photoshop、Illustratorなし

上記がWEBクリエイティブ専攻の5つのコースです。全てwebデザインを学ぶコースですが、受講内容に違いがあります。

例えば、Webディレクター総合コースは、ディレクションについて学びますが、Web&スマートフォンサイト制作コースでは学びません。

これは個人のキャリア計画によって身につけるスキルを、増やす必要があるためです。

東京デザインプレックス研究所はこんな人におすすめ

東京デザインプレックス研究所はこんな人におすすめ

  • 「主体的に学べない人」は合わない
  • 「技術を盗む気持ちで学べる人には合います

下記で詳しく紹介するのでご覧ください。

「主体的に学べない人」は合わない

  • じっくり教えてもらいたい
  • たくさん質問したい
  • すぐに答えが欲しい

上記に当てはまる人は、東京デザインプレックス研究所には合いません。

なぜなら、クラス制という特性上、マンツーマンレッスンのような「みっちり教えてくれる」環境ではないからです。

まめ丸
まめ丸

受け身の姿勢では、学びにくい学校だと思います。

もし、1対1で親身になってサポートして欲しいという方は、他のスクールを検討してみてください。

「技術を盗む気持ち」で学べる人には合います

  • 具体的な質問ができる
  • 自分で考えられる
  • 観察力がある

上記に当てはまる人は、主体的に学ぶことができます。

先生に教えてもらう気持ちではなく、プロから盗む気持ちで学ぶのが、この学校には合ってる気がします。参考:クチコミ

文字通り、「技術を盗む気持ち」で受講できる人は、大きな収穫がある学校だと思います。

東京デザインプレックス研究所の無料資料を請求する方法

資料請求

まず公式ページの「資料請求」をクリック。

資料請求1

webデザインを学びたい人は、希望している専攻を「WEBクリエイティブ」を選択。

画像の通り、「名前・ふりがな・性別」を記入してください。

資料請求2

資料は郵送されるので「郵便番号・住所」を記入が必要です。

資料請求3

「電話番号(携帯可)・メールアドレス・職業」を記入と選択をしてください。

その次に、「東京デザインプレックス研究所を何でお知りになりましたか?」で、当てはまるもの選択。

資料請求4

最後に、「個別カウンセリングをご予約されますか?」を入力します。資料請求後でも予約ができるので、お好きな方で大丈夫ですよ。

LiDo
LiDo

2~3日後にご自宅に届きます!

まとめ:東京デザインプレックス研究所はプロから技術を盗む場所

< 有名講師から学ぶ >東京デザインプレックス研究所
出典:東京デザインプレックス研究所

東京デザインプレックス研究所は、大人から始めるデザイン学校なため、会社と学校の両立が可能な環境と充実した就職支援があります。

デザイン重視で学びたい人は、間違いなく東京デザインプレックス研究所1択。

業界で有名なデザイナーから指導を受けられる環境で、やりがいを感じながら学習できます。

1対1で親身になって教えてくれる学校ではないので、本気でデザインを仕事にしたい人におすすめなスクールです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました