SHElikesのWebデザインコース卒業後とは?複数コースで力をつける

SHElikesのWebデザインコース卒業後とは?複数コースで力をつける

まめ丸
まめ丸
SHElikesでWebデザインコースでは具体的にどんなスキルが手に入るの?Webデザインコースと一緒に学ぶと良いコースも知りたいな。卒業後のスキルアップのコツとかあるの?

この疑問にお答えします。

そこで本記事では、卒業生の実績を元に、SHElikesのWebデザインコースの内容を解説します。

管理人の私は、4年間デザイン学校でWebデザインから紙媒体まで幅広く学習しました。卒業はベンチャー企業でデザイナーをしていました。

私の経験からSHElikesをより一層を活用できる方法を提案します。

本記事を読むと、Webデザインコースと一緒に学ぶと、更にスキルアップできるコースがわかりますよ。

SHElikesのWebデザインコース卒業後とは?

SHElikesのWebデザインコース卒業後とは?

Webデザインコースで学習すると、webデザイン・web制作以外にも制作できるようになります。実際の卒業生の制作物を紹介しながら、下記で解説していきます。

SHElikesのWebデザインコース卒業生の実績

SHElikesのWebデザインコース卒業生の実績
引用:公式:SHEcreators

上記はSHElikesの受講生は、企業案件で制作した実績です。

Webデザインコースでは、デザインからコーディングの実装ができるレベルまで学べます。

このようにコースを卒業後に、webデザイナーとしてお仕事に繋げられます。

業務ができるレベルと判断された生徒には、業務斡旋のサービス「SHEcreators」に入会できるからです。

「SHEcreators」では、仕事があるとマッチした人材に案内されるシステム。

せっかくWebデザイナーを目指すなら、業務レベルを満たした人材になりたいですね。

Webデザイン以外で制作できるもの

  • バナー制作
  • youtubeのサムネイル
  • SNSで使う画像制作
  • フォトショップで写真加工

学んだ技術を横展開させると、上記の制作物が作れるようになります。WebデザインコースでPhotoshopを学ぶからです。

この世にあるデザイン制作をほぼできるようになります。スキルを持つ人材が少ないからこそ「稼ぐ力」つきます。

例えば、バナー制作やサムネイルなどは、副業として注目されている分野だから即収入に繋げることも。また、オリジナリティがある質の高い画像が作れば、インスタグラムの運用もできますね。

Photoshopだけで複数のクリエイティブな制作物が作れるようになるのです。

\ 体験レッスンから受講申込で初月無料 /

SHElikesのWebデザインコースとは?

SHElikesのWebデザインコースとは?

具体的にWebデザインコースで学ぶ内容と、スキルアップできるコースも紹介します。

SHElikesのWebデザインコースはレベルがある

レッスン回数全7回
1レッスン時間2時間ほど
期間2〜3ヶ月
スキルPhotoshop
HTML/CSS
レスポンシブデザイン
jQueryアニメーション
ワイヤーフレーム制作
Webマーケ基礎

Webサイト制作の基礎が学べる内容です。動画講座は1レッスン2時間ほどで、制作時間は別途必要です。

受講終了は約2〜3ヶ月とされていて、長いと感じる人もいると思いますが、他社スクールと比べても平均的な期間です。

最短約2か月でwebデザイナーとして活動ができます。

さらに去年の夏頃に、webデザインコースの中級がリリースされたようです。上記の内容は、初級レベルになるため、中級レベルでは応用的なWebデザインを学べますね。

詳しいレッスン内容は、公式で発表されてないので無料体験で質問をしてみましょう。

SHElikesの複数コースを組み合わせる

  • Illustratorコース × ロゴ・CIコース
  • ロゴ・CIコース × webデザインコース
  • UI/UXデザインコース × webデザインコース

Webデザインコースは基礎を学ぶので、どうしても足りないスキルがあります。デザイナーという仕事は、表現の幅が人がることで横展開ができる職種だからです。

複数のコースを組み合わせることで表現の幅が広がります。

SHElikesの特徴として全てのコースを受けられるので、余裕がある方は受講をすると学びを深められます。

複数コース受講でWebデザインコースの底上げができる

  • 名刺制作
  • アイコン・ロゴ制作
  • ポスターなどの媒体

Adobe Illustratorは現場で使えないデザイナーはいません。デザイナーにとって基礎スキルだからです。

制作物によって得意・不得意があるので、PhotoshopとIllustratorは同時に使用することがあります。

例えば、Webサイトで使用するアイコンやロゴ制作は、Illustratorの方が得意です。Illustratorで作ったデータをPhotoshopに移して使います。

現場では使い分けて制作をするので、転職を考えている人は学ぶと良いですよ。

  • ユーザーにとって使いやすい設計
  • 違和感のない画面遷移
  • 可読性が高い書体選びや色合いなど

UI/UXデザインはWebデザインをより良く改善するための、重要な考え方を学ぶことができます。

媒体を通して企業とユーザーのコミュニケーションを円滑にするためにあります。

Web媒体のデザイナーにとって必須スキルになっています。時間がある方はレッスンを受けてみましょう。

  • ロゴ制作のプロセス
  • 抽象的なイメージを形にする
  • 作った後の展開

ロゴデザインもデザインの基本的なスキルです。なぜなら、デザインする物の「顔」になるからです。

例えば、「かわいい・楽しい」など抽象的なイメージをロゴに落とし込むことで、ユーザーにコンセプトを形として伝えることができます。

出番は様々で、新しいお店のWebページを依頼されたならロゴ込みで提案が可能。自分だけのロゴを作れば、ポートフォリオや名刺に使えますよ。

SHElikes卒業後、Webデザイナーとしてのスキルアップする方法

SHElikes卒業後、Webデザイナーとしてのスキルアップする方法

SHElikes卒業後もスキルアップは必要。なぜなら、数をこなす事でデザイナーは成長できるからです。

具体的な方法を下記で解説します。

自主制作を進めよう

現場では作業スピードが命なため、早い納品ができるデザイナーは重宝されます。

数ヶ月学んだ程度では、Adobeの使い方やコーディングの作業は覚えきれません。
時間が空くと忘れていってしまうので、どんどん制作してください。

制作をしたものは無駄になりません。

例えば、制作物はポートフォリオに載せられます。また、デザイナーの中にはSNSアカウトをポートフォリオ代わりにしている人もいます。

このように手を動かす事で、チャンスが増えますよ。

クラウドソーシングで実務実績を作る

クラウドワークスなどのクラウドソーシングは、発注者と受注者を探すマッチングサービスです。

未経験も仕事が見つかるので、簡単に実務経験を積めます。

仕事は様々で、ロゴ・バナー・サイト制作・youtubeのサムネイル・コーディングのみなどがあります。

コンペ式の案件もあるので、発注者の意図を読むとれるか力試しができます。

クラウドワークスの無料登録で案件がみれるので、気になる方は登録してください。

まとめ:SHElikesの受け放題を最大限に活用しよう

まとめ:SHElikesの受け放題を最大限に活用しよう

  • Illustratorコース × ロゴ・CIコース
  • ロゴ・CIコース × webデザインコース
  • UI/UXデザインコース × webデザインコース

このように、複数コースを学習するとwebデザインコースの底上げが可能です。
もちろん、上記以外の組み合わせでもOKです。

Web業界は横で繋がっているので、どのコースを学んでも力になりますよ。

SHElikesの受け放題を最大限に活用しましょう。

\ 体験レッスンから受講申込で初月無料 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました