コーディングができなくてもWebデザイナーになれる【ただし条件あり】

コーディングができなくてもWebデザイナーになれる【ただし条件あり】

デザインだけやりたい!コーディングは嫌い!こう考えている人多いはず。

実際、Webデザイナーでもコーディングをやっていない人はいます。

しかし、近年デザイナーに求められているスキルが多様化し、能力がない人は淘汰される実情もあります。

そこで本記事では、コーディング能力の有無について紹介していきます。

コーディングができると、市場価値が上がり、結果として給料が上がる可能性も生まれますよ。

LiDo
LiDo

補足:未経験からwebデザイナーを目指す人向けだよ!

コーディングができなくてもWebデザイナーになれる理由

コーディングができなくてもWebデザイナーになれる理由

「Webデザイナーでコーディングをやっていない」または、「コーディングできない人がWebデザイナーになる」ことがあります。

どちらにせよ、ある条件を満たしたものだけの特権です。

条件1:新卒であること

  • 3か月の研修で教えてくれる
  • 実務を通して学ぶ

上記2点の理由から、Adobeが使えればwebデザイナー職で入社ができます。

ある広告会社では、研修にコーディングが組み込まれていたり、実務を通して教えるメガベンチャー企業もありました。

私が入社した会社でも、デザイナー全員参加の勉強会があり、そこで最低限のスキルを身につけました。

まめ丸
まめ丸

つまり、新卒のみ!

条件2:コーダーがいる会社に入社

Webサイトを分担で制作しているなら、コーディングをやる必要がないからです。

工場の流れ作業のように、「企画はディレクター」「デザインはデザイナー」「実装はコーダー」など分かれています。

ただし、工数と人件費がかかるので、そういう会社は少ないのが現状です。

入社できる人材は、「とてつもないデザイン力があるか、ディレクション力があるか」の2種類でしょう。

まめ丸
まめ丸

ほぼ無理!

コーディングができないWebデザイナーは生き残れない理由

コーディングができないWebデザイナーは生き残れない理由

条件を満たしたものしか、コーディング知識なしでwebデザイナーになれないことがわかりました。

じゃあ、コーディングができないWebデザイナーのデメリットが何か?

詳細を解説していきます。

理由1:求人には「HTML / CSS」必須とある

地方や制作会社に多いのですが、デザインとコーディングを分けている会社が少ないからです。

数年前の就職活動の際に、都内近郊の求人をたくさん見ましたが、「デザインのみ」はありませんでした。

コーディングの基礎知識を持っていないだけで、可能性がグっと狭くなります。

理由2:市場価値が落ちる

デザイナー業界の流れとして、スキルがない人間は淘汰される傾向があるからです。

たとえば、「Web制作しかできない人より、制作から運営までできる人」の方が、1人で生み出せる利益が大きいので重宝されます。

敏感なプロのデザイナーは、業界の動きの生じて新しいスキルを手にしており、周りとの差別化を図っています。

デザイン一本だけだと、給料が上がらないどころか、仕事がなくなってしまうのです。

理由3:フリーランスでコーディングなし案件が見つからない

デザインのみの案件はありますが、圧倒的に少ないので見つけることも難しいです。

案件単価も低く、メリットがありません。

フリーランスや副業なら、1人でWeb制作ができなければいけません。Webサイトはブラウザで閲覧できて完成です。

求人やクラウドソーシングを見ればわかりますが、Adobeの他にHTML/CSSの知識は絶対に書かれています。

Webデザイナーに必要なコーディングスキルとは?

Webデザイナーに必要なコーディングスキルとは?

Webデザイナーにもコーディングスキルは必要です。

ですが、フロントエンジニアほど技術がいるわけではないので、webデザイナーの仕事範囲は決まっています。

では、「どの程度のスキルが必要なのか?」を紹介していきます。

身につけるべきコーディングスキル

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

基本はこの3種類のスキルが求められるので、Webデザイナーとして活動できます。

Webデザインスクールでも、必ずカリキュラムに入っています。

HTMLはサイトの基本構造を作る
CSSで色をつけたり装飾を施す
JavaScriptでサイトに動きをつける

各スキルの役割は上記の通りで、デザインをコーディングをしていきWebに表示できるようにします。

レベルは最低限で良い

高度なことができるフロントエンジニアという職業があるので、最低限のことができれば問題ないからです。

たとえば、前職の担当者は、LP制作と既存サイトの修正のみをデザイナーが行っていました。

  • 数ページのサイト
  • LP制作
  • 既存サイトの修正

上記のことができるくらいのレベル感でしょう。

LiDo
LiDo

実務を通してスキルアップしよう!

【 朗報 】コーディングが苦手でも良い

【 朗報 】コーディングが苦手でも良い

実装のプロになる必要はありません。

コーディングが得意にならなくても、実務に支障がない程度なら問題がないからです。

特に会社員の場合は、デザイン担当とコーディング担当が分かれていることもあります。

LiDo
LiDo

実装を想定してデザインをすることが大事です。

コーディングを想定してデザインをする

コーダーが実装しやすいデザインを心がけましょう。

工数が取られるデザインを避けることで、実装スピードが早くなり生産性が上がるからです。

  • 用途ごとにグループ化
  • 素材に名前がついている
  • 書き出ししやすい
  • 環境に配慮したフォント
  • マージンなどの統一化

などなど、気をつけるところは多岐に渡ります。

デザインはチーム戦のため、配慮があることでお互いに気持ちよく作業ができます。

更新・修正を想定する

Webサイトは作ったら終わりではなく、長期にわたり運用をしていくからです。

  • 元データの中身はわかりやすいか?
  • ルールに基づいたコーディングか?

デザイン・コーディングどちらにも言えることです。

わかりにくいデータは、解読に時間がかかるのでストレスの原因に。

制作データは個性が出やすいので、誰が見ても作業をしやすい環境作りが大事です。

Webデザイナーのコーディング勉強方法

Webデザイナーのコーディング勉強方法

Webデザイナーを目指すなら、コーディングスキルがあった方が有利です。

案件単価や給料が上がり、求人・仕事が見つけやすくなるからです。

少し知識があるならオンラインサービス

実装できるほどの知識がない程度なら、オンラインサービスで学ぶことができます。

最低限の知識があるなら、Web構造ができているので、復習しながら手を動かせば身につけられるからです。

Webデザインを一から学ぶ→ Udemy
動画講座で学ぶ→ chot.design
基礎なら無料→ Progate

ほぼ独学に近いですが、サクッと学びたいならサービスが効率的です。

全くの未経験ならスクールで着実に身につける

Adobeの使い方からコーディングまで学ぶなら、webデザインスクールが手取り早いです。

なぜなら、未経験は学ぶことが多いため、独学ではいつまで経っても身につかずに挫折するからです。

そもそも、中途採用となるので、求められるスキルが新卒とは異なります。

一通りWeb制作ができなければ、webデザイナーにはなれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました