【初心者必見】デザインのアイデアが出てこない【困った時に役立つ本3選】

デザインのアイデアが出てこない【困った時に役立つ本3選】


こんにちは、LiDo(@Lido_blog)です!

本記事は「デザインのアイデアが出てこない」時に
参考になる【困った時に役立つ本3選】を紹介します!

まめ丸
まめ丸

アイディアが何も思いつかないワン

LiDo
LiDo

デザインをする時にアイディアが出ないのは
「インプット不足」「アウトプット不足」

私はデザインの参考が欲しくて数多く購入してきました。

学生時代や会社員デザイナー時代に実際に使用していた
「本当に役に立った」本を3冊アウトプット術も一緒に紹介します。

  • 役に立つデザイン書3冊を紹介
  • デザイン本で実践すること
  • アウトプットは実際にデザインすること

デザインのアイデアが出てこない!超厳選3冊

デザインのアイデアが出てこない!超厳選3冊

今から紹介する3冊の共通点

  • デザインのポイントなど解説が細かい
  • 1つのテーマに対してデザインの幅がある

以上が本を選ぶ上で使いやすいと考えた基準です。

1冊目「デザインのネタ帳」

見たことのない数で、作例が飛び抜けて多い!

限られた素材で複数のデザインアイディアが見れます。
デザインの幅を広げられます。

おすすめポイント

  • 現役デザイナー監修
  • 1テーマに対して、4デザイン紹介
  • 解説が細かい

2冊目「ほんとに、フォント。」

フォントの知識からデザインレイアウトを学べる一冊!

多くのフォントを知ることができる。
書体視点からデザインを学べます。

おすすめポイント

  • フォント基礎知識が学べる
  • フォント力がつく
  • 文字を生かしたデザインがわかる

3冊目「けっきょく、よはく。」

余白からレイアウトデザインを考える一冊!

「良い余白」について学べるので、
見やすいデザインスキルが身につきます。

おすすめポイント

  • フォント基礎知識が学べる
  • フォント力がつく
  • 文字を生かしたデザインがわかる

デザイン本を買ったら実践すること3点

デザイン本を買ったら意識すること3点
  1. トレースしてデザインを練習してみる
  2. デザイン本とPCはセット
  3. 実際にデザインで活かしてみる

これについて下記で解説します。

デザインをトレースして練習

デザインのスキルアップの方法として、
トレースすることは一番の近道です!
これは、学生時代に勉強でしていた練習方法です。

例えば紙媒体なら、

参考にしたいデザインを写真に撮る。
制作ツールのAdobe Illustratorに取り込む。
実際に制作する。

たった、これだけです!

「同じフォントがない!」という時は、似た書体を使用。
写真やアイコンなどの素材は、フリー素材を使用すればOK

WebサイトやUIデザインならスクリーンショットを使用すれば良いです。
感覚で覚えてくるので、良い練習方法になります。

*あくまで「練習」です。
デザインの著作権や盗作には気をつけましょう。

デザイン本とPCはセット

デザイン参考書は実例と解説が載っているだけです。
本を読んだだけでは、デザインを覚えることは不可能

慣れないうちは、
デザインのラフを出している時は、すぐ手に取れるようにそばに置いておく
こうすることで、作業中に迷っている時間が減るので効率的です。

LiDo
LiDo

課題で困った時は
「とりあえず見る!」を徹底してました。

デザインで活かしてみる

①と②と重複すると思いますが、実践で取り入れましょう。

例えば、
書体に困ったら「ほんとに、フォント。」
余白のレイアウトは「けっきょく、よはく」

という風に部分的に取り入れていくことが大切です。

デザインには著作権がありますから、丸パクリは避けましょう。
本は参考
です。自分なりのオリジナルを入れていくことが大切です。

デザインのアイディアは制作で身につく

デザインのアイディアは制作で身につく

アウトプット回数=制作数が多くなれば、
自然とアイディアが出てくるようになります。

私も本に噛り付いていた時期もありましたが、
制作していくとデザイン案が浮かんでくるようになりました。

手を動かせば、本を見る回数が減っていきました。

頑張ってスキルアップを目指しましょう!

では、今回は以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました