【基礎編】配色のコツは色彩の特徴を知ること!

【基礎編】配色のコツは色彩の特徴を知ること!
まめ丸
まめ丸

色って難しいな
配色の基本を知りたい

LiDo
LiDo

まずは色の特徴を知ろう

本記事の内容

  • 色のイメージを知る
  • 配色のコツを掴む

こんにちは、リドです。
私はベンチャー起業でデザイナーをしていました。

色が持つ人に与えるイメージを理解することで、配色にいかしていくことができます。

本記事は「色のイメージと配色の基本」について解説します。

配色のコツは色彩の特徴を知ること!

配色のコツは色彩の特徴を知ること

色はデザインをする上で重要なパーツの一つ。
明るくする、暗くする、色の濃度を少し変化させるだけで印象が大きく変わります。

そして、色というものはとても抽象的なものです。
抽象的な素材を言語化してイメージに落とし込む必要があります。

以下の2つが大切です。

  • 色を言葉で表現する
  • 配色の基本を知る

自分だけのイメージで組み合わせを決めるのではなく、
一般的なイメージで配色を決めなければいけません。

まず、扱うためには多くの人が持つ色の特徴と配色のバランスを知ることが大切です。

カラーのイメージを言語化する

人は無意識のうちに色からイメージとして情報を受信しています。
それが色の持つ抽象的なイメージです。

色の印象を「言葉」や「物」で表すことが可能です。

  • 赤色 / red


    抽象的:情熱、愛、暑い、辛い、危険、力強い、怒り etc…

    物理的な物:火、りんご、バラ、口紅、消防車、火力 etc…
  • 青 / blue


    抽象的:純粋、爽やか、冷静、冷たい、クール、清涼感 etc…

    物理的な物:海、空、夏、雨、氷、水、サファイヤ etc…
  • 黄色 / yellow


    抽象的:楽しい、楽観的、酸っぱい、フレッシュ、若い、幸福 etc…

    物理的な物:ひまわり、バナナ、春、光、星、月、レモン、ビタミン etc…
  • 橙色 / orenge


    抽象的:暖かい、親しみ、エネルギー、陽気な、元気 etc…

    物理的な物:オレンジ、太陽、夕日、マンゴー、紅葉 etc…
  • 緑色 / green


    抽象的:ナチュラル、成長、リラックス、環境、エコ etc…

    物理的な物:葉っぱ、自然、森林、緑茶、抹茶、山 etc…
  • 紫色 / purple


    抽象的:高貴、神秘的、毒々しい、高級、古風、魅惑 etc…

    物理的な物:ナス、アメジスト、紫陽花、藤、スミレ etc…
  • 桃色 / pink


    抽象的:可愛い、甘い、恋、女性的、美しい、魅力、美容 etc…

    物理的な物:もも、いちご、桜、リボン、梅、コスモス、ハート etc…
  • 白色/White


    抽象的:純潔、潔白、寒い、無、無句、シンプル etc…

    物理的な物:結婚式、ダイヤモンド、冬、雪、天使、白衣 etc…
LiDo
LiDo

自分でもやってみよう

今回は多くの日本人が連想するものを紹介しました。
しかし、全ての人に当てはまる訳ではなく、国や人種などで変わる場合があります。

情報を伝達する先のユーザーの文化を知ることが大切です。

配色のコツを身につけよう

配色のコツを身につけよう

配色のバランスには基本があります。

色の組み合わせは主に3色。
割合は70% / 25% / 5%で構成されることが基本です。

LiDo
LiDo

ポイントだね

  • ベースカラー

    背景色など配色の大部分を指す色。
    黒、白、グレーなどの無彩色を使用することが多いです。
  • メインカラー

    ブランディングの中心になる色です。
    一番重要なカラーともいえるでしょう。
  • アクセントカラー

    その名の通り、アクセントになる色。
    ベースカラーとメインカラーより目立たせる色です。
    濃色を用いることが多い。
ベースカラー75%,メインカラー25%,アクセントカラー5%

イメージを配色で表現する

色の言語化と配色の割合を理解することができました。
表現したいブランディングが決まったら、実際に配色を決めていきます。

LiDo
LiDo

実践してみよう

いくつか例を紹介。

かわいい配色、かっこいい配色
大人っぽい配色、子供っぽい配色
和風な配色、ビンテージな配色

例をいくつか紹介しましたが、色だけでは表現したいものを詳細に理解することはできません。他には素材、写真、フォントなどでデザインを構成します。

また、最初は配色を作るのが難しいのも事実で、参考ありで調整して作る方法もあります。

【2020年版】すぐ使える配色パターン参考サイト6選で参考サイトを解説しています。

色と配色には基本がある

色と配色には基本がある
  • 色の言語化
  • 配色の割合

「思い描いているイメージの言語化」と「抽象的なカラーの言語化」

この2つを組み合わせて配色を決めます。

配色はわかったけど、デザインの参考が欲しい方は、【初心者必見】デザインのアイデアが出てこない【困った時に役立つ本3選】で解説しています。

ぜひ、参考にしてみてください。
今回はここで失礼します。リドでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました