【完全無料】Adobe Portfolioの特徴とは?使い方を画像付きで解説

【完全無料】Adobe Portfolioの特徴とは?使い方を画像付きで解説

Adobe Portfolioなら、簡単にセンスが良いポートフォリオサイトを開設できます。

オンラインで仕事で探す時代になっているので、自分のサイトを持つのが一般的になっている傾向に。

Webデザイナーなら立ち上げられますが、デザイナーやイラストレーター、写真家など専門知識がない人は難しいです。

けれど、AdobeCCを契約している人なら、Adobe Portfolioを無料で利用できます。

そこで本記事では、特徴からサイトの立ち上げまで解説をしていきます。

Adobe Portfolioとは

Adobe Portfolioとは

Adobe Portfolioは、プランに付属するサービスの1つ。

テンプレートでカスタマイズできるので、短時間でクオリティが高いサイトが作れる優れもの。

LiDo
LiDo

制作に費やしたいデザイナーやクリエイターの味方!

初心者でも簡単開設

Adobe Portfolioは、デザイン初心者でも簡単にサイトが作れます。

作品紹介に特化したテンプレートが数種類あるので、色や書体をカスタマイズしていくだけ。

たとえば、就職活動で紙のポートフォリオの他に、データ提出が必要になることもありますよね。

元データをPDFで提出するのも良いですが、サイトのURLを貼り付けた方がスマートです。

LiDo
LiDo

簡易的なサイトでも、ビジネスでも、活用できます!

Adobe Creative Cloudプランで無料

AdobeCCを持っている人なら、完全無料追加料金なし。

テンプレート・ドメイン・サーバーなど含まれているので、何も用意しなくてもサイト開設ができるからです。

デザイナー・イラストレーター・写真家など、専門知識がなくても制作から運営まで可能。

全てプランに組み込まれているので、Adobeアカウントと連携して一括で管理ができます。

Adobe Portfolioの9つのポイント

  • テンプレートで簡単
  • 5サイト公開
  • ページ無制限
  • レスポンシブ対応
  • 独自ドメインの設定
  • サイト分析
  • サイト保護ができる
  • 各種SEO対策
  • Behanceと連携可能

簡単にサイトが作れるサービスはありますが、Adobe Portfolioは一味違う。

完全無料でサイト運営に必要なポイントを押さえています。

では、詳しく紹介していきます。

全18種類のテンプレートで簡単カスタマイズ

Adobe Portfolioはクオリティが高いテンプレートが揃っています。

複数ページ作れる:12種類
1枚だけで作る:6種類

たとえば、サイト型のページを用途別に複数作り、1枚サイトでまとめて他サイトへ遷移させることも。

テンプレート変更も簡単で、カスタマイズしてもボタン一つで変えることができます。

LiDo
LiDo

クリエイターが公開しているので、テーマを参考に作ることも!

5サイト運営できる

無料最大5サイトを開設できます。

用途別にサイトを作れるので、特定のお客様にアプローチができます。

イラスト・写真・デザインなど一緒に紹介しても良いですが、別名義で活動したいなど事情に応じて作れます。

LiDo
LiDo

Adobe Portfolioなら都合に合わせて、ポートフォリオ作れる魅力がありますね。

ページ数無制限

画面遷移のページ数に一切制限はありません。

完全無料でページを増やせして、Webサイトとして厚みを持たせることができます。

たとえば、作品をジャンル別に紹介したり、自分の仕事の特徴などコンテンツを書いても良いと思います。

しかし、情報量を多くしても見られるのは一部のページだけ。

LiDo
LiDo

増やしすぎないで、特化した情報に絞りましょう。

レスポンシブでWeb・スマホ対応

テンプレートはレスポンシブ対応になっているので、どのデバイスからみてもデザインが崩れません

通常はデバイス毎に画像を変えるなど、コーディングで細かく設定しますが、Adobe Portfolioならその必要は一切なし。

LiDo
LiDo

デザインが崩れることなく、綺麗なポートフォリオサイトが作れます!

独自ドメインの設定が可能

Adobe Portfolioは独自ドメインでサイトを開設できます。

  • 独自ドメインを購入する
  • 持っているドメインに設定する
  • サブドメインで設定する

独自ドメインは自分で好きなドメインに設定できます。

しかし、お名前ドッドコムなどで購入しないといけないので、簡易的なポートフォリオならいらないですね。

サブドメインの方法なら、継続の使用料もかからないので、こっちをおすすめします。

ここの部分を設定する.myportfolio.com
例:lido.myportfolio.com

画面上で好きな文字に変更するだけの簡単使用です。

5回も設定をし直せるので、やむ終えず変更することもできます。

サイト分析が可能

Adobe PortfolioはGoogleアナリティクス設定ができます。

PV数や流入元、直帰率や離脱率などを見ながら、修正改善をして運営していけます。

たとえば、テキスト・動画・画像・音楽などを挿入して、自分だけのメディアサイトにカスタマイズできます。

LiDo
LiDo

テンプレートの表現の幅が広いので、自由にカスタマイズできますよ!

SEO対策

Adobe Portfolioは各種SEO対策もできます。

検索で集客するなら、SEO対策でサイトを上位表示させなければいけません。

  • メタ記述
    → スニペットでサイトのクリック率を上げる
  • メタキーワード
    → KWや検索クエリを設定
  • インデックスの有無
    → 検索エンジンに登録する
  • サイト更新を送信
    → 検索エンジンに報告する
  • カスタムメタタグ
    → Google Search ConsoleやPinterestと同期

などなど、基本的なSEO対策必要な設定を行うことができます。

SEO対策をすることで、幅広い人にサイトを訪れてもらい、仕事につながるきっかけが作れます。

サイト保護の設定ができる

サイト保護でセキュリティー対策ができます。

  • 画像保護 → 右クリックの無効化
  • 地域設定→ 国を指定
  • パスワード保護 → サイト全体 or 一部記事

たとえば、案件の中には公にできない作品もあります。

その場合、実績として証明したいと思うので、パスワード保護すれば、担当者だけに公開することができます。

案件の著作権自分の作品の保護は、クリエイターにとって気をつけたいですね。

Behanceと連携可能

Behanceは世界中のクリエイターの作品が見れるSNSです。

Adobe Portfolioでは簡単に連携ができるので、世界中から集客ができるようになっています。

自分の作品が評価されたり、テクニックを学んだり、求人紹介もあります。海外の人から仕事の依頼が来るチャンスも。

最新の技術を学んだり、たくさんの作品を見ることで勉強になることもありますね。

LiDo
LiDo

作品で世界と繋がれるチャンスです。

Adobe Portfolioの注意点

Adobe Portfolioの注意点は2つあります。

  • 機能が多くて扱いづらい
  • 使い方の記事が少ない
  • デザインの差別化は難しい

では、下記で紹介しています。

機能が多くて扱いづらい

テンプレートの設定が細かいため 初心者は時間がかかります。

専門用語カスタマイズの幅多いので、慣れないうちはやりづらいかもしれません。

デザイン経験がある私でも、手間どりながら設定をしましたが、大枠のデザインが決まり慣れれば問題はありません。

使い方の記事が少ない

Adobe Portfolioのマニュアルや記事が少ないですね。

マニュアルが出回っていないので、試しながらカスタマイズしていかなければいけません

トップページから外国人クリエイターのサイトを見ることができるので、参考にしながら進めていきましょう。

LiDo
LiDo

本記事で基本的な操作方法を解説しています!

デザインの差別化は難しい

テンプレート依存になるので、デザイン性を高めて差別化は難しいです。

デザインも作品を魅せるために、シンプルなテンプレートしかありません。

サイト自体のデザイン性を変えて、個性を出すことはできないですね。

LiDo
LiDo

作品の良さを伝えるポートフォリオ作りができる!

Adobe Portfolioの基本の操作方法

Adobe Portfolioの基本の操作方法

今回、自分でもサイトを解説してみました。初見で立ち上げたので、基本のポイントをすべて押さえています。

作品のキャプチャーテキストの準備は別で必要ですが、だいたい1時間でサイトの基盤ができるかと思います。

LiDo
LiDo

ここから、カスタマイズをしていくと自分の個性が出てくるかも。

始め方

まず、Adobeアカウントに入って、Adobe Portfolioのトップページいきます。
Adobe Portfolioのトップページ

フルポートフォリオとは、複数ページからなるテンプレート。
ようこそページとは、1枚ページ=ランディングページのテンプレート。
テンプレートル

今回はフルポートフォリオから「Sawdust」のテンプレートを選びました。
「このテーマを使用」を押すと、カスタマイズ画面にいきます。
「Sawdust」のテンプレート

ページの作り方

編集画面はこんなにもシンプルです。
編集画面

ロゴの部分を押すと、右側のツールでテキストや色の変更、画像の追加ができます。
右側のツールでテキストや色の変更

私はテキストを入れてみました。
テキストロゴ入力

次に作品のページを入れていきます。「ページの追加」を押すと、「ページ」「Lightroom Album」の2つから選べますが、通常は「ページ」で良いです。
「ページの追加」を押す

「ページ名」と「保存先」を設定します。
ページ名とは、そのカテゴリの名前や作品名でも良いです。保存先とは、親ページの設定ですね。大枠のカテゴリ名でも良いですね。
「ページ名」と「保存先」を設定

ページを作成すると、ページ内のデザインをしていきます。
ツールバーが出てくるので、用途に合わせて作品ページをデザインしていきましょう。
作品ページをデザイン

画像を挿入したあとに、追加でコンテンツを入れることもできます。
追加でコンテンツ入力

これを繰り返すことで、ページの情報量持たせられます。
ページの情報量を増やす

トップページに戻ると、ページの追加やカテゴリの追加など編集ができます。
ページの追加やカテゴリの追加

各種設定方法

まず、右側の「設定」マークからサイトの各種設定をします。
「設定」マークからサイトの各種設定

「ドメイン名」の設定をします。ドメインを買うor持っている人は、ドメイン接続から設定できます。サブドメインなら、完全無料で好きな文字をつけられます。好きな文字列で決めて「適用」すると、設定が完了です。
「ドメイン名」の設定

「分析」の設定はGoogleアナリティクスと同期させます。
「分析」の設定

「検索の最適化」SEO対策です。検索エンジンに認識してもらえるよう、やっておいて損はありません。
「検索の最適化」

「お気入りのアイコン」では、ファビコン設定をします。タブを開いた時に、ファビコンがあるとユーザーはわかりやすいです。ブランディングを込めてやっておきましょう。
「お気入りのアイコン」では、ファビコン設定

「ソーシャルシェアのサムネイル」では、URLがシェアされた時に、画像が表示される設定です。
「ソーシャルシェアのサムネイル」

「パスワード保護」では、サイト全体に設定するか、しないかを決めます。プライバシーや著作権を守るために、自分の都合に合わせて設定をしておきましょう。
「パスワード保護」

「サイトを非公開にする」では、サイトの公開状況を設定します。
「サイトを非公開にする」

「アカウントと地域」では、アカウントの管理と公開地域の変更をします。
特定の海外や日本などに設定ができます。
「アカウントと地域」

まとめ:クリエイティブをAdobeで一括管理できる

まとめ:クリエイティブをAdobeで一括管理できる

まず、AdobeCCを持っているだけで、普通は使用料がかかるサイトテンプレートが無料です。

完全無料だからプランを継続して入れば、公開し続ければずっと集客ができるサイトを所有できます。

しかし、AdobeCCを解約すると、Adobeポートフォリオも自動で解約となってしまいます。

継続して使いたい方は、社会人でもアカデミック版で購入できるのでオススメです。

>>デジハリで安くAdobeCCの導入方法を解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました