【初心者でも簡単】AdobeCCプランを目的別におすすめ解説

【初心者でも簡単】AdobeCCプランを目的別におすすめ解説

まめ丸
まめ丸

Adobeプラン多すぎ。自分に合うプランはどれ?

複数ソフト使うなら、コンプリートプランが一番お得。

しかし、ライセンス契約のためプラン選択を間違えると、結果的に余計にお金を払ってしまうことも。

本記事では、用途別にプランを紹介しているので、悩まずに購入ができます。

目的に応じてプランを選ぶことで、最大限にAdobeを活用できますよ。

LiDo
LiDo

損しない支払い方法や購入手順も解説しているので、最後までご覧ください。

Adobeの価格プランは3種類ある

単体プランフォトプランコンプリートプラン
月額3,828円9,878 円
年間一括22,176円12,936円72,336円
年間月払い2,728円1,078円6,248円

*2021年6月1日時点・税込金額

各プランの特徴の利用用途

簡単にまとめると

向き・不向き
  • 単体プラン
    →ソフトを選んで使いたい人
  • フォトプラン
    →写真加工に特化している
  • コンプリートプラン
    →全てのソフトが使える

Adobe利用者は複数ソフトを平行して使うことが多いので、コンプリートプランの契約が多いかと思います。

単体プランのソフト内容

単体プランは15種類のソフトから選び、単体で契約するプランです。

セット割はないので、3つ以上使う場合は、コンプリートプランの検討してください。

ソフト名用途
Illustratorデザイン全般ロゴ・イラスト
パッケージ・小冊子・アイコン
Photoshop画像・写真加工切り抜き・合成
文字加工・色彩調整
Acrobat ProPDF編集作成・編集・PDF変換
Premiere Pro動画編集カットやテロップを入れる
youtubeやTV・各種映像制作
Premiere Rush短時間・動画編集SNSなどの動画編集
スマホでも制作可能
After Effects動画加工アニメーションや
モーショングラフィックス
InDesign雑誌編集レイアウト・組版など
ページ数多い冊子デザイン
Lightroom写真加工編集・整理・加工が
デバイス関係なくできる
Adobe XDUI・webデザインフレームワーク・プロトタイプ
制作から共有まで可能
Spark画像・動画・
Webページを制作
テンプレートで初心者でも
簡単に制作できる
Animateベクターアニメーションイラストアニメーション動画
Dreamweaverコーディング画面を見ながら簡単に
web構築ができる
Dimensionデザインの3D制作3Dモデリングができる
Auditionオーディオ編集サウンドエフェクト
ミキシング
InCopyコンテンツの編集ライターや編集者と
共有・修正・編集

フォトプラン

フォトプランは写真に特化した、「Lightroom Classic」「Photoshop」「Lightroom」が使えます。

ソフト名用途
Lightroom Classic写真編集写真の整理
編集、現像、公開
Photoshop画像・写真加工切り抜き・合成
文字加工・色彩調整
Lightroom写真を編集、整理写真編集

コンプリートプラン

コンプリートプランは、単体プランの全てのソフトに加えて、下記のソフトが使えるプランです。

デザイン・動画・アニメーションなど、多岐にわたるクリエイティブが作れます。

ソフト名用途
Lightroom Classic写真編集写真の整理
編集、現像、公開
Media Encoder動画の書き出しエンコード
Character Animatorアニメーション動画人の表情を利用して
イラストを動かせる
Prelude動画のラフカット撮影素材の管理
Premiereと連携
Bridge画像管理Adobeで制作した
画像データの一括管理

3つ以上契約するならコンプリートプラン一択

単体プラン2つ単体プラン3つコンプリートプラン
月額7,656円11,484円9,878円
年間一括44,352円66,528円72,336円
年間月払い5,456円8,184円6,248円

月額で考えると、3つ以上ならコンプリートプランが安い。

2つでも約2,000円の違いなため、全て使えるコンプリートプランで契約した方が、値段も機能もお得に。

さらに、通信講座を経由してAdobeを購入すると、アカデミック版の値段になる裏技もあります。

>>デジハリで安くAdobeCCの導入方法を解説

【目的別で整理する】Adobeプランの選び方は簡単

各ソフトには特性があるため、使用用途をはっきりさせることで、必要なソフトを絞ることができます。

  • Adobeで何をしたいのか?
  • 趣味なのか?仕事なのか?

など、使用用途を整理してみましょう。

動画編集をやりたい

LiDo
LiDo

「コンプリートプラン」か「単体プラン」がおすすめ。

ソフトの特徴
  • Premiere Proは動画編集
  • After Effectsはアニメーションやエフェクトを追加
  • Photoshopで「サムネイル」「動画内で使う画像」が制作できる

基本的に、「Premiere Pro 」「After Effects」の2種類あれば、動画制作で困ることはありません。

ただし、画像制作スキルもあると表現方法や仕事の幅が広がります。

まめ丸
まめ丸

YouTubeのサムネイルもPhotoshopで作られている!

紙媒体のデザインをやりたい

LiDo
LiDo

「コンプリートプラン」一択!

ソフトの特徴
  • Illustratorでパッケージやロゴ制作など
  • Photoshopで画像制作や写真加工
  • InDesignで雑誌や小冊子のレイアウトができる

紙媒体では、3つのソフトを用途別に使用を分けて、制作を進めていくからです。

特に「Illustrator・Photoshop」はセットで使われるので、同時に契約することが一般的です。

さらに、InDesignを使える人は少ないため、デザイン事務所などで重宝されるスキルになります。

Webデザイナーになりたい

LiDo
LiDo

「コンプリートプラン」一択です!

ソフトの特徴
  • Adobe XDでワイヤーフレーム
  • Photoshopでwebデザインをする
  • Illustratorでアイコンやパーツ制作
  • DreamweaverでHTML/CSSで構築する

Webデザイナーは4つのソフトを使う場合が多いですね。

個別に特化したソフトですが代用ができるので、必ず全て必要なわけではありません。

けれど、求人で求められていたり、案件受注ではデータ指定があります。

まめ丸
まめ丸

幅が広いとチャンスが増えるね!

AdobeCCの3つのサービス

AdobeCCは3つのサービスが付属しています。

個人・チームで効率的に制作をサポートするためにあります。

フォトプラン・単体プラン・コンプリートプラン全て使えるサービスです。

LiDo
LiDo

Adobeはソフト以外のサービスを合わせるとコスパ良い!

特徴1:Adobe Portfolio

Adobe独自のサポートで、簡単にサイト作れるAdobe Portfolioがあります。

テンプレートをカスタマイズができるのでコーディングなしで、自分のポートフォリオサイトの公開をすることができます。

ポートフォリオサイトを作るには、独自ドメイン・サーバー・サイト構築など手間があります。

ところが、Adobe Portfolioはグッとハードルが下がり初心者でも簡単に持つことが可能に。

また、世界中のクリエイターと繋がるBehanceと連動するので、海外のデザイナーの目に触れることもあります。

LiDo
LiDo

写真家や駆け出しデザイナーなら、Adobe PortfolioでOK

特徴2:Adobe Fontを無制限で利用可能

フォントメーカーの提供されており、ライセンスはAdobeに付与されているので、デザインの幅が広がります。

有料フォントの特徴は、漢字の対応の幅が広いので文字化けしないこと。

無料フォントだと、文字化けや書体の細部のクオリティーに差が出てしまうのです。

LiDo
LiDo

有料フォントを活用することで、デザインの質が高められる!

>>Adobe Fontの導入方法はこちらから

特徴3:クラウドストレージが使える

Adobeのクラウドストレージが付属しているので、データの取り出しや管理が楽になります。

フォルダやファイル単位で共有ができるので、チームやプロジェクトで効率的にやり取りができます。

単体プラン100GB
フォトプラン20GB
コンプリートプラン100GB

なんと追加料金なし100GB使える。

無料で使える「Googleドライブ」は15GBまでなので、Adobeのクラウドストレージのコスパの良さがわかります。

Adobeコンプリートプランを安くお得に買える

通常3つ以上のソフトを使うことが多いため、コンプリートプランをおすすめします。

複数ソフトが使えることで、表現の幅が広がり、対応できる仕事の案件増えるので、単価を上げられるかもしれません。

しかし、挑戦したくても値段がネックだと思うので、タイプ別にお得に買える方法を紹介します。

学生ならアカデミック版で約半額になる

学生なら、アカデミック版=39,600円」の65%OFFで購入ができます。

通常版とアカデミック版では、値段のみが違うだけなので、「ライセンス・ソフト数・サービス」など一切制限がありません。

Adobeのライセンス発行時に、下記の書類が必要です。

  • 学生証・学生手帳
  • 在学中の学校名
  • 卒業予定日

中学校、高等学校、大学、高等専門学校など、ほぼ全ての学生に対応しています。

コンプリートプランが年間39,600円で使えるので、アカデミック版が一番お得です!

LiDo
LiDo

私も学生時代の4年間は、アカデミックで契約をしてたよ!

社会人でも認定スクールから購入できる

社会人でも指定の通信講座なら、コンプリートプランが年間39,600で買えます!

なぜなら、Adobe公認のパートナープログラムに参加しているので、学生扱いとなる仕組みだからです。

通信講座で動画教材もついているので、初心者でも基本操作を学ぶこともできます。

継続して契約している人もいるので、めちゃくちゃコスパ良いんです!

デジハリからAdobeの導入方法は簡単

一番、おすすめの通信講座はデジハリです。

入金確認後、即日発行でライセンスが発行されるため、すぐにAdobeを使用ができるからます。

購入手順や画像付きで、下記の記事詳しく解説しています!
>>デジハリで安くAdobeCCの導入方法を解説

LiDo
LiDo

私も使っているよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました